相場価格と大阪の賃貸オフィス

相場を参考に賃貸オフィスや賃貸事務所探し。重視したいポイントとは?

個人でも使いやすいレンタルオフィス

個人経営で仕事をしているという人も多いかと思います。その際に賃貸契約の事務所を契約するのではなく、レンタルオフィスの方が時として使い勝手がいい事もあるかもしれません。

レンタルオフィスは通常の事務所に比べるとフレキシブルに使う事ができ、短期での利用や、一人での利用も可能です。

レンタルオフィスには若い企業家が集まってくる事もある様です。ITなどの特定の業種に偏る事なく、いろんな業種の人が集まるレンタルオフィスもあるみたいです。

レンタルオフィスでいろんな人と仕事をする事はきっといい刺激となる事間違いないでしょう。いろんな人との出会いというのはビジネスにとって大切といえるでしょう。

入居が楽なレンタルオフィス

貸事務所を利用する時には、たくさんの書類を記入して提出した後は、審査のためにしばらく待たないといけません。

審査に合格する事ができないと入居する事はできません。入居が決定すれば、そこから必要な費用を振り込んで入居の作業にとりかかる事になります。入居したいな、と思ってもすぐに利用する事はできません。その一方でレンタルオフィスは入居の手続きが更に簡略される事もあります。

入居審査はある所もあれば、ない所もあります。また、希望したその日にすぐに利用できるサービスを提供しているレンタルオフィスもあります。

入居の手続きが楽な所を選ぶのもいいですが、長い間利用しようと考えているのであれば、どんな環境であるかという事も重要になってきそうですね。

レンタルオフィスを長期利用

初期費用が安いレンタルオフィスを長期的に使って仕事を行っていきたいと考えているのであれば、ぜひ賃料について調べてみたいですね。

レンタルオフィスは比較的短期で利用した時には安く抑える事ができる場合も多い様ですが、利用が長期に渡る場合には割高になる事もある様です。それなら、初期費用は多少かかっても、通常の貸事務所の方が最終的にお得な場合もあるかもしれませんね。

また、料金体系や費用はピンからキリまである様ですので、気になる物件があれば比較してから決めるといいでしょう。

オフィスは安さを求める人も少なくありません。複数のオフィスの見積もりを行う事で安いオフィスに入居する事も可能でしょう。

綺麗で快適なレンタルオフィス

レンタルオフィスは、綺麗に掃除されていますし、窓が大きく光が入り、快適な空間になっています。レンタルオフィスでは、様々な事をすることができます。会議室、セミナー会場、講義会場としても使えますし、習い事教室、撮影スタジオとしても使えるようになっています。それらに必要なテーブルや椅子、テレビも用意されていますし、簡単に食事が取れるように、ミニキッチン、冷蔵庫、レンジ、電気コンロなどが設備されています。

レンタルオフィスは様々な用途に使えるように快適な空間をいつも作ってあるので様々な方におすすめの場所です。

レンタルオフィス のサービスについて

レンタルオフィスインデックス東京版というサイトがありますが、ここでは、多くの中からレンタルするオフィスを探す事ができます。レンタルオフィスとは、貸事務所とは異なります。新しい形のワークスペースです。

スペースの提供だけでなく、様々なサービスの提供がある所がほとんどです。たとえば、電話対応、受付対応、お茶出し対応などの秘書サービスがあります。郵便物や宅配の受け取り、保管や転送、発送も行います。パソコンやプリンター、オフィス家具の提供、高速のインターネットの環境、法人登記や名刺などの住所の提供もあります。

レンタルオフィスとは自前の賃貸契約とは違います

レンタルオフィスは東京都内には100か所以上あります。月極で1か月いくらという形で契約するが多いようです。サービスや、グレード、スペースによって、価格は千差万別です。中には、会社の住所として登記出来るところもあります。

また、机一つを貸す、多くは、貸し会議室を備えています。机がしといわれるものもあります。ただ、入居に当たっては、開業届を提出しなければいけないことが多いようです。これらが、期間かしといわれるものです。その他には、時間かしといわれるものがあります。普段使っているパソコンを持ち込んで作業をするなどに利用します。

新進気鋭の起業家が集まるレンタルオフィス

オフィスを開設するとなると、物件の敷金、家賃に加えて備品も自腹で用意する必要があります。この初期費用を安く抑えられるのがレンタルオフィスです。都会の一等地に位置することが多く、アクセスがいい都会の物件を賃貸できます。

机などの備品は借りられることが多いので、スタッフを集めれば業務がスタートできます。他者とシェアする物件ですが、壁で仕切られ鍵つきの独自のスペースになっていることが多いです。オーナーによっては法人登記ができ、業務を拡大したい場合は同じ物件内で引っ越しできます。住所も変更する必要がなく、煩雑な手続きが減らせます。

レンタルオフィスに関する記事