相場価格と大阪の賃貸オフィス

相場を参考に賃貸オフィスや賃貸事務所探し。重視したいポイントとは?

大通りに面したレンタルオフィス

長い時間歩いて、細い道に面しているレンタルオフィスもあると思いますが、大通りに面したレンタルオフィスもあります。

大通りに面したレンタルオフィスは、地図を見ながら訪れる際にも、探しやすいという事が考えられます。
また、大通りには目印となる物が多いと思います。

会社のHPなどにレンタルオフィスの住所を記載する事もあると思いますが、大通りにあれば、わかってもらいやすいでしょう。

中には、地図を見なくても建物名を伝えると、レンタルオフィスまでたどり着けるという人もいるかもしれませんね。なかなか手が届かないという人も多い、一等地の事務所で仕事をするという事も実現できるかもしれませんね。

レンタルオフィスとはその名の通りオフィスをレンタルするサービス

新しく会社を作る時、また、拠点を増やす時にかかってくるのがコストと手間です。

拠点となる貸事務所を探して、そこで使う机やキャビネットなどのオフィス家具を揃えて、パソコンを用意して、と用意するものがたくさんあり、コストもかかってきます。

もっと手軽に面倒なくできる方法があります。レンタルオフィスというサービスを利用することです。レンタルオフィスとはその名の通りオフィスをレンタルするサービスです。

都心など立地条件のいいところに、机やいすやインターネット環境のインフラが備わったオフィスをレンタルすることができ、わずらわしい作業から解放されて、すぐに業務に取りかかることができます。

レンタルオフィスの基本料金について

貸し事務所はただ仕事をするお部屋を貸してくれるだけですが、レンタルオフィスはいろんなサービスを追加して利用する事もできます。そこで気になるのは、レンタルオフィスの基本料金には、どの様なサービスが含まれているのかという事です。

レンタルオフィスを利用するに当たり、基本料金で利用できるサービスについて把握し、更に必要なオプションサービスを追加した際に、いくらの支払いが発生するのかという事について把握しておく様にしましょう。

レンタルオフィスはオプションサービスを追加すると、かなり金額がアップする事もある様です。想定外のコストがかかるという事がない様にするためにも、レンタルオフィスの料金設定について知る事は大事でしょう。

プランが充実したレンタルオフィス

一つのプランしか提供されていないという事もあるかと思われますが、レンタルオフィスは複数のプランが用意されている事が多い様です。レンタルオフィスのプランについてですが、デスク単位で利用するタイプのレンタルオフィスは比較的安価で利用できる場合が多い様です。

そして、個室タイプのレンタルオフィスとなれば、費用が高くなる事もあります。他にはブース単位で貸し出しを行っているレンタルオフィスもある様です。自分の仕事内容に応じてプランを選択するのもいいでしょう。適切ではないプランを選択してしまった場合には、仕事をするのに不便だと感じる事もあるかと思いますので、注意して選びましょう。

空室の確認後に内覧をしたいレンタルオフィス

どんなにいいと思われるレンタルオフィスが見つかったとしても、空室がない場合には内覧もできなければ、利用する事はもちろんできません。そのため、気になるレンタルオフィスが見つかった場合には、まずは空室があるかどうかを確認しましょう。

その確認方法についてですが、レンタルオフィスのホームページを見ると記載されている事もあります。もし、分からない場合にはレンタルオフィスに連絡する事で教えてもらう事ができるでしょう。

また、他にもレンタルオフィスに入居したいと考えている企業がたくさんあるという事も考えられます。ですので、内覧や契約は焦る必要はないですが、早めに行う様にしましょう。

東京のレンタルオフィスの探し方

レンタルオフィスには、テーブルやイス、インターネット環境などの仕事に必要な設備が整えられています。ワンフロアに複数の個室スペースが用意されているのが特徴で、そのほかにも会議室などが設けられている場合もあります。

主に会社設立を目指す起業家を中心に利用されてきましたが、現在では出張時の会社員などがオフィス代わりに利用するケースもあります。レンタルオフィスの多くは利便性の高い立地に建っており、ビジネスの拠点でもある東京の至るところに備えられています。立地やオフィスの広さなど、さまざまな条件から選び出すことが可能です。

レンタルオフィスの特徴

レンタルオフィスは、事務所を構えて起業したい人にとってとても便利です。事務作業のデスクや椅子、棚などの備品がすでに設置されていること、ネット環境が整っていることなどから、初期にかさばりがちな設備に関する費用を抑えることができます。

また、レンタルオフィスは、東京都内では立地の良い場所に構えられていることが多く、ビジネス環境が比較的整っている場所で始めることができるのも利点です。ただし、管理する会社によってサービス内容や利用料金などが異なるため、レンタルする前にその内容や長期的に必要となる費用の面も考慮する必要があります。

増加傾向にあるレンタルオフィスの実態

最近、東京などの都市部で増加しているのがレンタルオフィスです。これは、物件全体を借りるのではなく、ある物件のスペースをいくつかに分け、他者とシェアしながら利用するものです。机などの備品を借りられることもあるので、初期費用をかけずに事務所を開設したい、異業種の人と交流し刺激しあいながら仕事をしたい場合などにおすすめです。

条件があった物件が見つからなかった場合に、短期間借りながら、改めて条件の合う物件探しをすることもできます。無料のドリンクサーバー、休憩所などを完備したところもあり、若者を中心に人気です。企業だけでなく、団体、グループ、アーティスト、フリーランサーが借りることもあります。

レンタルオフィスに関する記事